CHaT Net

ダウンロード   環境のpage



Home 利用実績 掲載情報
ダウンロード サポート お問い合わせ

現在ご利用いただけるCHaTNetクライアントソフトウェアのバージョンは、8.326 です。

CHaTNetの使い方・内容に関するお問い合わせ
      
 Macintosh OS X Leopardの不具合について

【よくある質問】


 

Macintosh OS X Leopardの不具合1
メールの宛先を入力する際、宛先選択のウィンドウが小さく選択できず、そのまま動かせなくなる。

 
Macintosh OS X Leopardの不具合2
在籍確認・ディレクトリのウィンドウが小さく表示されない時がある。

 

Macintosh OS X Leopardの不具合 1
メールの宛先を入力する際、宛先選択のウィンドウが小さく選択できず、更に動かせなくなる。
 

※この症状は現在の段階で解決されておりませんが、以下の方法でお試しください。

方法1.宛先の欄に正しいフルネームをローマ字入力で名前スペース苗字で入力する。
(保護者の方は「名前 苗字 P0***」といったようにP0***という番号まで必要になる場合もあります。)


方法2.ツールメニュー「ディレクトリ」で名前を検索し、送る宛先名を右ボタンクリックし「メール作成」を選択する。(ディレクトリが表示されない場合は次のQ&Aを参考にしてください)
1.以下メニューバー「ツール」から「ディレクトリ」を選択


2.検索の部分に名前スペース苗字を入力(名前だけでも検索可能)


3.該当の人が見つかったら、選択し右ボタンクリックし「このユーザが宛先のメールを作成」を選択する。

上記の方法で宛先が確定できます。

方法3.過去に送信されたメールの宛先、送信者名をコピーする。
以前に送信したことのある人であれば、宛先をコピーして新規メッセージの宛先部分にペーストで確定できます。
 

 

Macintosh OS X Leopardの不具合 2
在籍確認・ディレクトリのウィンドウが小さく表示されない時がある。

※この症状は現在の段階で解決されておりませんが、以下の方法でお試しください。
在籍確認やディレクトリを開こうとしても細い線が画面のどこかに表示されるだけで中身が見えない症状が起こる場合があります。その場合は以下の作業を行ってください。
【例:ディレクトリが表示されない場合】 在籍確認の場合も同じ要領です。
1.メニューバー「表示」より下の方に表示されている「ディレクトリ」を選択する。


2.メニューバー「表示」より「ウィンドウサイズの最適化」を選択する。


上記のとおりに作業すると、「ディレクトリ」の画面が表示されます。
 

 

CHaTNet上の「CHaTNetユーザーズマニュアル 」をご覧ください。

 

CHaTNetにログイン後、保護者のデスクトップ上に「CHaTNet連絡」という会議室があります。その中にpdf形式でマニュアルがご覧いただけるようになっていますので、是非ご活用ください。



 
それでも解決できない方、またご質問等おありの方は、CHaTNetサポート専用電話、
もしくは以下のフォームに必要事項をご記入の上、お問い合わせください。

サポートフォームはこちら

 

Copyright(c) Tamagawa Gakuen 2000-2006 All Rights Reserved.